なぜ企業研修が必要とされているのか

はじめに

近年、国内における「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「労働者のニーズの多様化」の課題から、日本政府は労働者のワーク・ライフ・バランスの実現、生産性の向上などを目標に掲げた「働き方改革実行計画」を発表しました。
これを受け、国内企業では労働環境・雇用形態・生産性を改めて見直す動きが活発になり、「働く」環境・人材・制度は日々変化しています。
このような背景と同時に、元より取り組まれていたダイバーシティ経営や企業価値の強化、ES(従業員満足度)の向上、リテンション・マーケティングのための人材育成などの需要から、今、企業内研修の重要性が高まりつつあります。

人材育成投資としての企業内研修に関心が高まる傾向

各企業の取り組み

事実、国内各社で企業内研修が重視され、広く実施している動きはデータからも確認できます。
まず、矢野経済研究所の市場調査によると、企業向け研修サービス市場規模は2011年以降右肩上がりで、2016年度は景気の回復と同時に新卒採用が積極化した多くの企業で需要が高まりました。
また、産労総合研究所の実態調査では2014年度には教育研修予算を増やす企業が過半数を超え、年度を重ねるごとに教育投資意欲を高める企業が増加していることが窺えます。
これに加え政府による働き方改革の推進により、今後もますます重要視されると予想されます。

多彩な研修形態のなかでも、社外で行われる宿泊研修では
「非日常」の刺激が従業員の行動変容を促す効果が大きいとして期待されている

多くの企業で研修需要が高まり、教育予算&市場規模も大きく増加

実施での課題点

では実際、企業内研修に取り組む各企業ではどんな課題を抱えているのか、アンケート結果を公表している「日本の人事部」の調査概要を参考にしました。
課題点として最も多かった回答は「時間」で7割近く、次いで「予算・費用負担」「対象者の意識不足」が5割台、「研修の効果測定が不明確」「経営者・上司の意識不足」が4割台と多岐にわたって課題が挙げられています。
逆に「特にない」の回答は0.5%にとどまり、大半の企業で企業内研修実施の上で何かしらの課題を抱えていることがわかります。

「時間」が1番の課題点に。次点で「予算・費用負担」の調査結果

課題解決のためのTKPワンストップソリューション

課題点として挙げられている「時間」と「予算・費用負担」に対し、TKPのワンストップサービスは効果的なアプローチをご提供できます。
自社一貫体制によるサービスの内製化から、分断されたサービス体制の他社と比較し、より迅速かつ柔軟な対応が可能です。
まず、お客様の手間や負担の軽減をお約束します。

また、幅広いグレードから希望に沿ったコストバリエーションをご用意します。

JMA(日本能率協会)との提携により、従業員の意識改革に効果的な研修プログラムの提案も可能です。

ワンストップサービスの提供

TKPなら最課題の「時間」と「コスト」に効果大

御社が抱えている課題について
ぜひ一度TKPへご相談ください

お気軽にお問い合わせください

研修専用受付 9:00~18:00(平日)

050-3803-1856